タグ:アトリエ ( 17 ) タグの人気記事

c0329340_19522753.jpg
c0329340_19521113.jpg
アトリエにある和室の外側にパーゴラを作った

いい感じに古びていて、
ずっと昔からそこに在ったような顔をしているけれど、

実は、アトリエの北側にある母屋(今後リノベーション予定)から
移設設置したものだ。




母屋は、アトリエと一緒に建てられたもので築40年。
設置されていたパーゴラは、同じく40年経っていたけれど、
シロアリも来てなくて、
木が固くて、
腐ってもいなかった・・・

c0329340_19474655.jpg

大工さんが、
40年経っていても傷んでいないなら、
これからも、大丈夫だよ。

と、言ってくれたので


移設設置しました。


木がいい風合いに古びていて、
アンティーク塗装みたいだ(笑)

夏には
和室の外に濡れ縁を置いて、
簾を垂らして
夕涼みできる。


なんか懐かしい庭になる。





  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-04-05 20:10 | アトリエ
アトリエの改装にあたっての相方との申し合わせ事項

「usually」

・普通の材料で作ること
・普通のデザイン(シンプル)で作ること
・普通の予算で作ること


そして、それらを踏まえて


特別な建物をつくる!!!




特別な材料で、
デザインをたくさん積み重ねて、
たくさんお金を使って、

出来上がった建物が、
はたして、
施主が長い時間をかけて支払っていく代価にふさわしい家を建てられているのか?


これは、いつも、
自身に問いかけていること。


普通を積み重ねて、特別をつくることの難しさを
改めて考えている。




  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ


[PR]
c0329340_19115597.jpg
大工さんが朝から、外壁に焼杉板を張ってくれました。

炭化層が厚くそのまま使う焼杉を使いました。
今は、薬品で焼く杉板もありますが、
今回はあえて、強めに炭化させた焼杉を使用しました。

庇が昔の家は長いのもあって何十年もノーメンテです(清掃はしますが・・・)。

基本、炭化層が取れない限り、内部まで中々腐ったりしません。

経年で風合いを楽しめますが、
何十年も建てば、
やはり反ったり端が割れたりの劣化はします。

でも、そういう変化も、楽しみたいと選びました。

c0329340_19122130.jpg
c0329340_19121415.jpg
c0329340_19120692.jpg

大工さんの手が、炭で真っ黒になりました。




  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-04-01 19:26 | アトリエ
c0329340_19281313.jpg

春の庭先に、

お客様をお招きしました。


梅の花弁が

水面にひらり



すこしづつ、あたたかくなりますね。




  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-03-06 19:32 | 庭仕事
c0329340_19442035.jpg

相方が、アトリエのテーブルを自作するという。


とりあえず、テーブルの脚を買い求めた。


シンプルで、媚びないところが気に入っている。

そのうち、錆びてくると思う。


それも、愛しいのだけど、

ちょうどいい錆び具合の時に、クリアで塗装してしまおうかとも考えている。


c0329340_19440941.jpg
画像は、アイアンの工房さんのものです。


我が家にも、同じものを制作予定。

あまり広いとは言えない打ち合わせ室に、

できるだけ使い勝手の良いテーブルを置きたい。


材質は、杉を考えている。

ベンチもサイズを指定して、脚を作っていただいた。


飾り気はないが、
その道具としての本質的な価値は、
だれの目にも明らかだと思う。



  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-03-05 19:52 | 買い物の記録
昨日のブロック壁が完成しました。

剥き出しの素材感

コンクリートブロックの壁
c0329340_12050510.jpg
c0329340_12035444.jpg
c0329340_12052878.jpg
 

このシンプルな美しさ

職人さんが、昨日の夕方遅くまでかかって仕上げてくれました。


外部に面したコンクリートの壁の裏側に
庭の植物たちの為に雨水タンクを隠しておく予定

内部の壁の前には、マキストーブを置く予定



必要と形が同時に存在することの美しさ

私は心ひかれる




  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-02-25 12:28 | アトリエ
今日は、朝から、ゴミ捨ての為の用意をしていた

ただのゴミ捨てではない・・・

建築現場から出た廃材を仕分けしてバッカー車に積んで帰ってもらう


コンテナ一杯でのお値段なので、心なしか真剣に積み上げてしまった・・・

c0329340_12140029.jpg
本当は2tのコンテナが良いのだけど、
この時期、1tのしかなかったため2つお願いした・・・

c0329340_12141044.jpg
それでも、いっぱいのこったので、
もう一回、お願いすることに・・・

本来は、施主の仕事ではないのだけど、今回は、できるだけ予算をかけないで工事を進めているため、
できることは自分たちでしている。


40年が過ぎても、木は結構しっかりしている。
釘だらけでも、染みだらけでも、
重くて、いい味出しているから、捨てるのが惜しい木もある。




でも、
きりがないから、

やっぱりほとんどは捨てます・・・


ちょっといいバラ板があったら、横によけて、
棚でも作ろうかと、画策しています。



にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-02-21 12:31 | アトリエ
本日アトリエは、給排水工事でした。

c0329340_19560871.jpg

狭い場所なので、手掘りになります。すごく大変・・・


c0329340_19561933.jpg

下水道の引き込みです。


c0329340_19562735.jpg

壁の内側はキッチンや化粧室



c0329340_19564505.jpg

完成です。

きれいに埋め戻してくれました。



この家は、元は浄化槽だったので、最終的には、浄化槽を埋め戻します。

建物と塀との間が、1メートルないので、
重機が入らない。
職人さんには、手間をおかけしてしまいました。
けれど、ここから引き込んだ下水道で、住宅も対応するので、とても大事な工事だったのです。

古い建物は、とにかく水回りが弱いのです。
土の中に埋められた管が、陶器製ということも珍しくありません。

建物を長く使いたいと思うならば、目に見えない給排水の配管工事は、すごく大切な要素です。
建物の使い勝手の悪さや隙間風は、我慢することができても、
トイレや水回り設備の不自由は、ストレスになってしまうのです。

水道屋さん。ありがとうございました。
お疲れさまでした。



にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-02-19 20:30 | アトリエ
お客様から、ハンドメイドのお皿をいただいた。
年配のお客様で、粋で素敵な人。

手ひねりで、ひとつひとつ心をこめて作られている。
c0329340_10441184.jpg
直径10センチくらい

やさしくて、自然で

使い勝手もよさそう
c0329340_10434557.jpg


ブルーのマーブル模様も素敵で

新しいアトリエで、大切に使わせていただきます。

お菓子をのっけてもいいけど・・・
もう少し、気のきいた使い方がしたいな・・・

少し考えることにした。



にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
アトリエの打ち合わせ室。
コンクリートの金コテ押さえの土間ですが・・・。

夜中に、早々と、お客様がいらしたようです。

c0329340_10521707.jpg
この足跡は、このままにしとこう・・・。



c0329340_10520651.jpg
土間は、最後にウレタン塗装をしてしあげます。







にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-02-18 10:54 | アトリエ