「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


アトリエは3月中に完成しなかった・・・

c0329340_17480678.jpg
たのしみにしていたのだけど・・・

大工さんの都合やら、
春の嵐やら、

よそ様の現場の都合やら、


ともかくも、大幅に遅れている・・・

でも、

職人さんがすごく気を使ってくれているのがわかるので、

じっと待つ・・・。

c0329340_17543159.jpg
明日から、外壁の焼き杉を張るので、

その前に、

アイアンの庇のブラケットの取り付けをしてくれました。

先のブラケットの取り付けをしておくと、壁に取り付け部分の受け材が
張った壁の中に入るので、きれいに収まります。

庇は、アイアンまのフレームにポリカの板を乗っける予定です。

c0329340_17593885.jpg
鉄工所さんが、作ってくれました。


なんか、
ひとつひとつの部品が、手作りの部分がおおくて、
すごく贅沢な気がしてきた。


だから、

少しずつ少しずつのできあがっていくことがたのしみ。





  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-03-31 18:04 | アトリエ
先日の
「男木島の空き家修復プロジェクト」

お宝は、古い長持とその中身なのでした。

c0329340_18502810.jpg
長持は、きれいに水拭きして
蜜蝋で磨いてあげよう。



コーヒーテーブルに使おうかな。


幅広の杉板できっちり作られている長持は
いい味出してる。


c0329340_18504671.jpg

c0329340_18500401.jpg


長持の中身は、漆器のお盆と小物入れ・・・、

あとは、古い着物をいただいたのだけど、解いて、暖簾にするつもり。





  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
瀬戸内芸術祭の後、
瀬戸の島々は、少しずつ、変わってきています。

3月9日に
オンバファクトリーの大島さん主催の
「男木島の空き家修復プロジェクト」に参加してきました。

今回は、不要な家具やゴミをすべて捨てて、
建物を整理するのが目的。
c0329340_20144991.jpg
c0329340_20154644.jpg



古民家に住みたいと野望を持っていた私と相方は、
太い梁や職人さんの手による家具や雑貨にワクワクしていました。

c0329340_20162454.jpg


10年以上人が住んでいない建物の掃除は、
鼻の頭まで真っ黒になったのですが、
好奇心が勝ち、楽しかったのです。


見つけたお宝は、問題なければお持ち帰り可、と言ってくださったので、
古い絣の着物や漆器のお盆などいただきました。

c0329340_20151452.jpg

猫がたくさんいて、

のんきに暮らしているこの島に住んでみたいけど、

現実は仕事や都合で許されない・・・。


これからこの島にすむ予定の方の民家を見せていただきました。
彼の住む家の再生をお手つだいをして、
楽しませていただけたら嬉しいなと思っています。

日暮れの男木島の風景は、とても美しく
なんだか、ずっと見ていたいと思ってしまった・・・。


c0329340_20145936.jpg



  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
建築家協会のイベントに誘っていただき、神戸にいます。

震災から、約20年、町づくりと防災について考えさされました。
写真は、メモリアルパークのすみに残された、当時の傷跡です。

液状化で崩れた岸壁と歪んだ街灯。
c0329340_20025336.jpg
c0329340_20032992.jpg



大学時代を関西で過ごした私には、今でも、心が痛くなる光景です。


c0329340_20020777.jpg
長田区で二次災害で焼け焦げた街灯が残されていました。

これは、モニュメントとして残してあるものです。



町は、何事もなかったように、にぎやかに人が行き来している。
たくさんの失われてしまったものがあることを
忘れたくないなと思いました。




  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
c0329340_19281313.jpg

春の庭先に、

お客様をお招きしました。


梅の花弁が

水面にひらり



すこしづつ、あたたかくなりますね。




  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-03-06 19:32 | 庭仕事
c0329340_19442035.jpg

相方が、アトリエのテーブルを自作するという。


とりあえず、テーブルの脚を買い求めた。


シンプルで、媚びないところが気に入っている。

そのうち、錆びてくると思う。


それも、愛しいのだけど、

ちょうどいい錆び具合の時に、クリアで塗装してしまおうかとも考えている。


c0329340_19440941.jpg
画像は、アイアンの工房さんのものです。


我が家にも、同じものを制作予定。

あまり広いとは言えない打ち合わせ室に、

できるだけ使い勝手の良いテーブルを置きたい。


材質は、杉を考えている。

ベンチもサイズを指定して、脚を作っていただいた。


飾り気はないが、
その道具としての本質的な価値は、
だれの目にも明らかだと思う。



  にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-03-05 19:52 | 買い物の記録