カテゴリ:自然素材( 2 )

ワークスペースのフローリングが出来上がったと、木工所さんから連絡あり。
相方と、受け取りに行きました。
c0329340_17131720.jpg
35㎜厚のパインのフローリングは、
肌触りがとてもいい。

自然なワックスを塗って仕上げることにした。

c0329340_17134263.jpg
180㎜の幅広で、
素足で歩くのが、気持よさそう。

この材は、本来、構造材として使用されるものなので、節も目立つ。
これだけの幅広となると、

施工後も割れやそりが発生することは仕方のないことだと思う。

それらのリスクよりも

その質感と素材の持つ存在感を


初めての自分たちの家なので、
こだわりも細かくて、申し訳ないのだけど・・・

笑って答えてくれる職人さんに感謝です。





にほんブログ村 インテリアブログ ヴィンテージインテリアへ

[PR]
by shibata-design | 2014-02-17 17:34 | 自然素材
アトリエの工事が、今日はお休み。
c0329340_19075885.jpg

月曜日には、塗装屋さんが来てくれる。
天井を今のまま、オープンにしてしまうため、電気工事の前に、梁や野地板に塗装をしなければならない。

自然塗料で仕上げようと考えていた私たちに、GOODなタイミングでプラネットカラーの営業マンさんからお電話をいただいた。
c0329340_18394762.jpg
c0329340_18385233.jpg

以前、何度か使用させていただき、製品の性能については、信頼している。
http://www.planetjapan.co.jp/index.html



c0329340_18422537.jpg
アトリエ棟の天井は、こんな感じ。

木の柱が見える仕上げの場所があるのだけど、
木の柱や造作部材には、汚れ防止のためのワックスが塗られていることが多い。
今回も、ワックスあり!!!。

それでも、営業マンさんが、一生懸命考えてくれたので、今回は、使用することにしました。
オレンジオイルとサンドペーパーで、汚れとワックスを落とし、
プラネットカラーを塗り、
布拭きして仕上げるという工程で、
オスモカラーと比べて、艶なしで仕上げることができる。



打ち合わせ室の壁には、スイス漆喰を考えていた。

プラネットさんの商品を試し塗りをしてくれました。
c0329340_18590010.jpg
c0329340_18591954.jpg

ヨーロッパの漆喰は、アルカリが強く、汚れにも強いと教えてくれました。

セルフビルドで仕上げられますよとお勧めいただき、私と相方は、
腕組みして考えてしまった・・・。

で、で、で、てきるのか?!

お手伝いしますよ!!!

と、胸を叩いてくださったので、心がざわめいているところです。

[PR]
by shibata-design | 2014-01-25 19:15 | 自然素材